本を売る前にその本の価値を調べておこう

本を売却する前に、本の価値を調べておくと良いでしょう。どんな本に価値がつきやすいのか? - 買い取りをしてもらえない本について

買い取りをしてもらえない本について

古本屋や買取業者は、どんな本でも買い取ってくれるというわけではありません。
本の種類によっては状態がいいとしても買い取り拒否されてしまうということもあります。

自費出版の本

出版会社が販売した本ではなく、個人が自分でお金を出して出版をした自費出版の場合、査定に出しても買い取り拒否をされてしまうことになります。
自分にとっては思い出深い書籍だとしても、正式に出版をしている本ではないですし、よほどのことがない限りは買いたいという人も現れません。
ですから、業者としても価値はないと判断して買い取りを拒否するのです。
また同人誌の場合も、査定額を算出することが難しいですから買い取りをしてくれない業者もあります。
買取業者の中には同人誌を専門に取り扱っているところもありますので、同人誌の買い取りをしてもらいたいのであれば、専門業者に依頼をするようにした方がいいでしょう。

複数同じ本がある場合

同じタイトルで巻も同じだという場合、買い取りを拒否される可能性が非常に高くなっています。
複数同じ本がある場合、購入したのではなく、万引きなどのようなイホ好意で手に入れた可能性もあるわけですので、買い取りを拒否しているのです。

法律に違反する本

法律に違反をしている本の場合も当然買い取りをしてもらうことはできません。
例えば犯罪を促すような書籍であったり、無修正のアダルト本などのような本なのであれば買い取り拒否をされてしまうことになります。

まとめ

上記のような本の場合、どれだけ大量に持っているとしても買い取り拒否されてしまう可能性が極めて高いです。
ですから、該当する本は買い取りをしてもらうのではなく処分をすることを検討するようにした方がいいかもしれません。

関連する記事