本を売る前にその本の価値を調べておこう

本を売却する前に、本の価値を調べておくと良いでしょう。どんな本に価値がつきやすいのか? - 買い取りしてもらいたい本はクリーニングをしておこう

買い取りしてもらいたい本はクリーニングをしておこう

本の買い取りをしてもらう場合、見積もりをしてもらう前に必ずしておいたほうがいいことがあります。
それは書籍のクリーニングをしておくということです。

汚れをしっかり落としておこう

本というのは、時間が経てば経つほど、日焼けしてしまったり、黄ばんでしまって、汚れてしまっているように見えてしまいやすくなります。
古本屋さんでも、買い取りをしたあとで、ある程度は汚れを取り除いたりしてクリーニングをするものなのですが、元々汚れが目立たない書籍なのであれば、それだけ買取価格も高くなりやすいです。
反対に汚れがひどい本だと、クリーニングをしても完全に綺麗にすることは難しくなってしまうため、買取価格が下がってしまいやすくなります。
ですので、ヤニ落としを使ったり、乾いた雑巾などで丁寧に汚れを落とすようにしてください。
水を使ったり、力を込めてクリーニングしてしまうと、本がボロボロに成ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

カバーが折れないようにする

適当に本を転がしていると、カバーに折れ目ができてしまったりするということもあるのですが、折れ目ができてしまうと評価も下がってしまうことになります。
ですので、カバーの内側に折れ目がいる本も買取価格が下がってしまいすくなりますから、ちゃんと本棚に入れるようにしたり、本を読むときにカバーが折れてしまわないように注意をするようにしてください。

書籍に書き込みをしない

専門書などの場合、本にメモを書いてしまったりするということもあるかもしれませんが、書き込みをしてしまっているとそれだけ評価も下がってしまうことになります。
ですので、メモをするのであれば本に直接するのではなく、ノートなどに書き込みをするようにしましょう。

まとめ

同じ書籍でも状態が良ければ、それだけ査定額も高くなりやすいですし、反対に汚れていたり、商品としての価値を下げてしまうような状態になってしまっていると金額も大きく下がることになりかねません。
ですので、しっかりと保管をするようにして、ほんの状態を評価してもらいやすくすることが大切です。

関連する記事