本を売る前にその本の価値を調べておこう

本を売却する前に、本の価値を調べておくと良いでしょう。どんな本に価値がつきやすいのか? - 本の買い取りに必要なもの

本の買い取りに必要なもの

いらなくなった本を買い取ってもらうとき、買い取ってもらいたい本だけを用意すればいいというわけではありません。
他にも準備をしなくてはならないものもありますので、買い取りをしてもらう際に必要な物をかならず用意しておきましょう。

店頭で買い取りをしてもらう場合

店頭で買取をしてもらう場合、身分証明書自体を提示しなくてはなりません。
コピーではなく、元本が必要になっていますから、かならず身分証明書を持っていくようにしましょう。
なお、身分証明書として認められているのは、運転免許証、健康保険証、パスポートといった公的な身分証明書になっています。

ネット買取の場合

ネット宅配買取を利用する場合、身分証明書自体を提示するというわけにはいきませんから、運転免許証などのコピーして、書籍と一緒に入れて送るかFAXを使って送る、またはスマホなどで身分証明書を撮影してメールで送信しましょう。
なお、顔写真や住所、指名などがはっきりと分かるように撮影をするようにしなくては、買取業者も買い取りを拒否してしまう可能性がありますので注意しましょう。

未成年者の場合

20歳以上なのであれば、自身の身分証明書を提示するだけで完了するのですが、未成年者で本の買い取りをしてもらう場合は、保護者の同意書が必要になります。
店頭またはホームページに同意書がありますので、同意書をもらいに行くか印刷をするようにしてください。

まとめ

古物営業法と言われる法律があるのですが、本などのような古物を買い取る場合、本人の身分証明書の確認をすることが義務付けられています。
ですので、買取査定をしてもらったとしても、身分証明を忘れてしまっては買い取りをしてもらうことはできないのです。

関連する記事