本を売る前にその本の価値を調べておこう

本を売却する前に、本の価値を調べておくと良いでしょう。どんな本に価値がつきやすいのか? - 本を売る前にその本の価値を調べておこう

本を売る前にその本の価値を調べておこう

いらなくなった本を売ろうと考えている場合、その売却を考えている本にどれくらいの価値があるのかを確認するようにしておかなくてはなりません。
不要になったといっても、適正な買取価格ではなかった場合、損をしてしまうということになってしまいます。
たくさん書籍を持っているのでしたら、その中にとても価値がある本が紛れ込んでいる可能性もあるのです。

価値がある本とは?

高い価値がある本として挙げられるのは、発行部数が少なく人気が高い本や、古くて入手困難になっている書籍などがあります。
マニアにとって価値があるものや、簡単に手に入れることができない本というのは、それだけ価値も高くなり、高値で取引されるということが多いです。

どうやって調べればいい?

高値で取引される本を調べる方法はいくつかあります。例えば、ネットオークションやAmazonのように古本が取引されているサービスで調べることで、だいたいどれくらいの値段で売られているのかが分かります。
自分が持っている書籍を1つずつ調べるのは大変だと思いますが、一番確実な方法だといえるでしょう。
この他にも、本買取業者などに無料見積りをしてもらうという方法もあります。
インターネットで申し込みして、買い取りをしてほしい本を送って、見積もりをしてもらうという方法もありますし、ほんのタイトルを記入しておくことで大体の買取金額を提示してもらえるという業者もあります。
ただし、本を送って見積もりをしてもらうのであれば、買取価格が気に入らなかったら、ちゃんと返送されるのか、そして信頼できる業者なのかを事前に確認をするようにしましょう。

大手チェーン店は利用しない

古本屋の中には、色々なところに店舗を構えている大手チェーン店もあります。
持ち込みですぐに買い取りをしてもらいたいと考えている方もいるかもしれませんが、大手チェーンの古本屋では、価値がある本が適正価格で買い取りされるということはまずありません。
大手チェーン店は一般大衆向けの古本屋になっていますし、安く販売して回転率を高めることに重点を置いています。
ですから、価値があるとしても安く買い取りをされてしまうということが多いですし、古すぎると買い取り拒否をされてしまうということもあるのです。
本来なら数千円程度の価値がある本なのに、数十円や数百円で買い取りをされてしまったら、とても損をした気持ちになりますよね?

専門の古本屋に見積もりをしてもらう

ytjyjd
古い本や価値がある書籍なのであれば、専門の買取業者や古本屋に買い取りの依頼をする方法もあります。
古本屋の中には、例えば民族史や歴史書などの買い取りに強い業者もありますし、洋書や古い小説などの買い取りを専門にしているお店もあるのです。
専門の古本屋であれば、それだけ適正価格で買い取りをしてもらえる可能性が高くなりますのでおすすめです。

まとめ

このように、本買取をしてもらうのであれば、本の価値をちゃんと見極めてくれる業者に見積もりをしてもらうようにしましょう。
価値がある本を持っていれば持っているほど、ちゃんと見積もりをしてくれる業者とそうではない業者では、最終的な買取金額がかなり違ってしまい、数万円損してしまうということもあるのです。
ですから、実際日本の買い取りをしてもらう前に、どこの買取業者に買い取りをしてもらうのかを決めたり、どれくらい価値がある本があるのかを調べるようにすることがとても大切です。
本買取
https://www.buyking.club/