コンタクトってどうやって作られるの?

コンタクトレンズってどうやって作られるの?ちょっとした疑問! - コンタクトってなにでできている?

新着情報

▶2015/02/25
コンタクトってなにでできている?の情報を更新しました。
▶2015/02/25
清潔が命のコンタクト、方法は?の情報を更新しました。
▶2015/02/23
当サイト運営管理者の情報を更新しました。
▶2015/02/20
コンタクトレンズってどうやって作るの?の情報を更新しました。
▶2015/02/20
コンタクトを買うなら眼科!どんな検査が?の情報を更新しました。

コンタクトってなにでできている?

日本にはたくさんの製造業があります。
製品を組み立てて作るあげる会社から、製品の部品を作る会社、そして製品の元になる原材料を作る会社です。
これらの会社が一体となって「サプライチェーン」を形成し、日本はものづくり大国として発展してきました。
おしゃれや快適な生活を送りたいという場合に用いられる「コンタクトレンズ」も、日本の高い技術で作られています。
コンタクトは大半が「プラスチック」でできています。
ソフトタイプはプルプルしているので、どこがプラスチックなのかと思ってしまうほどです。
これは水を含むと柔らかくなるプラスチックでできており、原材料として「HEMA」という特殊な素材が用いられています。
一方ハードタイプはいかにもプラスチックでできているという印象を受けます。
確かにハードタイプもプラスチックでできていますが、身の回りにあるようなプラスチックではできていません。
昔はただのプラスチックでできていたのですが、目の健康や快適性を追求した結果「酸素を通す素材」を使ってプラスチックが作られるようになりそれをベースにコンタクトレンズを作っているのです。ネットでコンタクトをご購入希望の方!安心・安全のエースコンタクトでご購入下さい。
gytytd
人間の器官の中で重要な役割を果たしている「目」の中に入れるコンタクトレンズはこのように、様々な素材でできているのですね。
毎日使っているよという場合であっても、なにを元に作られているかわからなかったという方もいらっしゃるかもしれません。
つけてみたいと思ったら、素材から選んでみるのもよいかもしれませんね。
テレビで日本の職人技を扱う番組を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。
日本は物作り大国として世界に名が知られ、様々な技術や製品が生み出されてきました。
その中には「コンタクト」も含まれます。
元々はヨーロッパで生まれたコンタクトを、目に違和感なくかつ誰でもつけられるようにとしたのが日本だったのです。
コンタクトの製造工程をご紹介します。
コンタクトにはいくつかの製造方法がありますが昔ながらの「レースカット法」をご紹介します。
まず原材料をきれいにするところから始まります。
私たちが普段使っているプラスチックとは異なり、特殊なプラスチックでなおかつ清潔さや透明性が求められるため幾重にも洗浄のような作業が繰り返されます。
次に原材料を棒状に加工していきます。
棒状に加工すると、好きな厚さで切り分けることが出来どのような注文にも応えられるからです。
加工された材料を使って、処方箋に合うような形に作っていきます。
まず指定されたサイズへカットし、次に削り出しの作業をしていきます。
削り出した後は傷が残っていますが、仕上げ作業できれいに仕上げていきます。
wrertr
最後にきちんとコンタクトとして使えるかどうか、清潔さは保たれているかどうかなどを入念にチェックし梱包され出荷されるのです。
コンタクトレンズをどのように作っているかはあまり知られていません。
毎日使っていたとしても製造工程にまでは興味がわきにくいからです。
コンタクトの製造工程を俯瞰してみると、多くの作業があるということがわかりますね。

Copyright(C)2015 コンタクトってどうやって作られるの? All Rights Reserved.